緊急事態宣言解除後の活動見通しについて

爆発的な拡大を見せた新型コロナ感染症第5波もようやく出口が見え始めたかと考えております。現在、今月末で緊急事態宣言が解除される前提の下、今後の事業計画の検討にはいいております。未だ未確定の部分が多いですが、関係各位のご協力を頂き、活動再開に向け準備を進めてまいりますので、よろしくお願いを申し上げます。

令和3年度東海学生秋季リーグ戦開催中止について

通常であれば9月冒頭に秋季リーグ戦開幕となるところですが、第5波の収束期を見極めるため、開催期間・実施規模の決定を先延ばしにしてまいりました。しかしながら時間の経過とともに感染状況は深刻度を深めるばかりで、開催の目途が全く立たないと認めざるを得ません。よって、痛惜の念を禁じえませんが、秋季リーグ戦の開催を断念することといたしました。

今後、感染状況が落ち着く時期を見計らい代替大会等開催の検討に入りますが、デルタ株出現により感染拡大の様相に大きな変化があり、行政発表の感染者数の推移のみでは開催可能時期の判断が困難と考えられます。よって、各チーム内での陽性者・濃厚接触者の発生状況、ワクチン接種状況等を踏まえ、複合的な判断材料といたしたく、短いスパンでのモニタリング調査を行ってまいりますので、よろしくご協力をお願いいたします。

最後に、昨年度より繰り返し、自粛・自己管理のお願いをしてまいりました。学生諸君はもう十分に辛抱したこと、我が身の如く理解しております。しかしながら、敢えて引き続きのご辛抱をお願いしなければならないこと、何卒、ご理解とご容赦をお願いいたします。

令和3年度春季リーグ戦中止について(通知)

周知のとおり愛知県下へ緊急事態宣言発出後も収束の目途が立たない社会状況が続いております。主催者は緊急事態宣言発出に伴い中断の決定をいたしました令和3年度春季リーグ戦につきまして、再開の時期、方法を検討してまいりました。しかしながら、当面の間、再開は困難であると認めざるを得ず、春季リーグ戦の再開を断念いたしました。

同時に短期間の代替大会、西日本学生選手権出場権決定方法について検討を開始しております。実施時期、方法の詳細については今後のお知らせをお待ち願います。

ハンドボール競技を含め、学生スポーツ界にとって試練の時期が続きますが、ここが正念場ととらえ、さらなるご辛抱をお願いいたしたく思います。一刻も早く事態が収束し、平穏な競技活動が再開できるよう祈念いたします。

 

【重要】来場者内における新型コロナ感染が疑われる者の発生について

主催者は全日程・全会場における来場者全員の滞在時間および行動範囲を把握しております。

その情報を元に、感染リスクが高いと考えられるグループに対しては既に情報提供および活動自粛要請を行っております。

今後の対応については、所管の保健所と協議しながら進めることとなりますので、追っての情報・指示をお待ちください。

試合形式の変更について

まん延防止等重点措置適用に伴い、

安全性向上を図るため、試合形式を一部変更します。

【試合時間変更】

男子1部・女子1部・男子2部・男子3部

25分ー10分ー25分 (旧:30-10-30)

女子2部

20分ー10分ー20分 (旧:25-10-25)

(変更の主旨)

試合間の間隔を少しでも開けることにより、チーム入替時の人口密度の低減を図る。

練習時間短縮等に伴う体力・練度低下による事故防止。